2018年12月15日(土)開催

12月15日(土)佛教大学にて開催 第6回浄土宗宗門関係大学社会連携企画シンポジウム 共生(ともいき)~新たにつなぐご縁~test

活動概要

2018年度グッドデザイン賞大賞(内閣総理大臣賞)を受賞された特定非営利活動法人おてらおやつクラブ代表理事の松島靖朗師と、社会連携活動に取り組む宗立宗門大学の学生が、それぞれの活動を報告して、お寺と学生の新たなご縁、「ともいき」について考えます。

12月15日第6回浄土宗宗門関係大学社会連携企画報告シンポジウム チラシPDF

日時


平成30年12月15日(土)13:00~16:35(受付 13:00~)

場所


佛教大学 成徳常照館 5階 常照ホール

※入場無料・事前申込不要・途中入退場可※

プログラム


13:00~      受付開始

13:30~13:35 開会の挨拶・趣旨説明

13:35~14:35 講演 松島 靖朗 師
『子どもの貧困~おてらおやつクラブの活動の現場から~』

14:45~14:55 東海学園大学 取組報告

14:55~15:05 京都文教大学・京都文教短期大学 取組報告

15:05~15:15 京都華頂大学・華頂短期大学 取組報告

15:15~15:35 佛教大学 取組報告

15:40~16:30 講演者と参加大学によるディスカッション

16:30~16:35 閉会の挨拶

16:50~17:30 懇親交流会 ※一般の方も参加可

アクセス


佛教大学 紫野キャンパス

公共交通機関でお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

講師 松島 靖朗 師


奈良教区第五組安養寺住職 特定非営利活動法人おてらおやつクラブ代表理事
1975年生まれ 上宮高校中退 早稲田大学商学部卒業後、株式会社NTTデータにてインターネット事業、投資育成事業、株式会社アイスタイルにて企業経営に従事。14年間の東京生活の後、母親の実家でもある自坊に戻る。教師養成道場を経て2010年総本山知恩院伝宗伝戒道場満行。総本山知恩院 大本山金戒光明寺 大本山増上寺布教師を拝命。2014年、全国のお寺の「おそなえもの」を「おさがり」として「おすそわけ」する「おてらおやつクラブ」をスタート。国内で深刻さを増す貧困問題の解決のため、NPO法人や公的機関と協業するお寺の社会福祉活動として全国規模の活動を展開。20178月に特定非営利活動法人化。浄土宗平和賞、奈良人権文化選奨、奈良日賞、中外日報涙骨賞、2018年度グッドデザイン賞大賞 受賞。

総合司会・コーディネーター 大谷 栄一 教授


佛教大学社会学部現代社会学科教授
宗教者や宗教団体が行っている社会活動・政治活動について研究。また、地域社会で伝統的な宗教文化が果たしている役割についても調査を行う。
近現代日本の「宗教と社会」「宗教と政治」の関係を明らかにすることを研究テーマ。さらに、国内外の研究者と協力しながら、19世紀~現代の近代仏教のトランスナショナル・ヒストリーの調査・研究にも取り組む。

主催


浄土宗 佛教大学 京都文教大学 京都文教短期大学 京都華頂大学 華頂短期大学 東海学園大学

協力


淑徳大学 埼玉工業大学 大正大学 (公財)浄土宗ともいき財団 浄土宗社会福祉協会

 

問い合わせ先


浄土宗社会福祉推進事務局
〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-4
TEL:03-3436-3354 FAX:03-3434-0744

佛教大学 研究推進部 社会連携課
〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL:075-493-9002(直)

期間 2018年12月15日(土)
時間 13:30~16:35
会場 佛教大学紫野キャンパス
所在地:京都市北区紫野北花ノ坊町96
主催 学校
場所 学校
対象 全般

アクセスマップ

この記事についてのお問い合わせ